牛乳を使ったスキンケアの回数

牛乳といえば、カルシウムが豊富で、子どもの頃は沢山飲んだという人もいるでしょう。
しかし大人になるとその飲む本数は減り、人によっては全く飲まなくなってしまう事も少なくありません。
ただ実際には様々な栄養素が含まれているので、美容の点から言っても飲むメリットは十分にあると言って良いでしょう。

そんな牛乳は、実はスキンケアにも利用する事が出来ます。
例えば蜂蜜とレモン汁を混ぜて自家製フェイスパックを作ることも可能です。
その人の肌質によっても使う回数は変わってきますが、大体週に1回から2回程度行うと肌がしっとり、さらに今までよりもワントーン明るくなったと感じる人もいるほどです。
後はしっかりと洗い流せば大丈夫です。

また、バナナをつぶして牛乳と混ぜるスキンケアの方法もあります。
バナナと牛乳といえばジュースで飲むという人もいるでしょうが、それをお肌に塗って15分程度放置しておけばしみやしわの予防にも効果が期待できます。
こちらも大体1週間に1回から2回の回数で行うと、肌の調子もよくなり若々しい印象になる事も期待できるはずです。
この方法の場合も放置後は水かぬるま湯で洗い流しておきましょう。

牛乳は実際に飲んで体の中に入れる事もできるので、スキンケアとして肌に塗っても問題はありません。
ただどうしてもにおいが気になるという人もいるはずです。
そういう人は1週間に行う回数を変える必要はありませんが、実際に洗い流したときにもう1回しっかりと成分が残らない様にしっかりと洗い流しましょう。
特に髪の毛の生え際とかには注意が必要です。
また洗顔後の顔はとても敏感になっている事があるので、普段使っている化粧水や乳液でしっかりと保湿対策をしておきます。